車を売るための手続きに必要な書類とは

車を売るときには様々な書類が必要になります。では、実際に必要になる書類についてご紹介していきます。今回ご紹介するのは、普通自動車を売る時の場合になります。

軽自動車の場合には、必要になる書類には異なる部分がありますので気を付けてください。まず車を所有している場合には必ずあるはずの書類として、自動車検査証、自賠責保険証、リサイクル券、自動車納税証明書があります。もし紛失してしまっている場合には、取り寄せる必要があります。

自動車検査証は運輸支局で再発行の手続きを、自賠責保険証は加入した保険会社で再発行の手続きを、リサイクル券は自動車リサイクルシステムホームページで自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウト、自動車納税証明書は都道府県の税事務所で再発行をしてもらいます。

次に役所から取り寄せる必要がある書類として、住民票と印鑑証明書があります。万が一自動車検査証に記載されている住所と現住所が異なる場合には、戸籍の付表が必要になるケースもあります。車の売却時には実印を使いますので、それに伴い3カ月以内に発行された印鑑証明書も必要です。

そのほかに、譲渡証明書や委任状が必要です。譲渡証明書と委任状は買取店が用意することが一般的です。