中古車の買取価格はどうやって決まるのか

車の買取価格を決めるときにはいったいどのようにして決めているのでしょうか?まず車の買取店が車をどのように流通させているのかという点を注目してみましょう。

車買取店の場合、二つのタイプに分けることが出来ます。一つは中古車オークションに買取後すぐに転売するタイプで、もう一つは自社で販路を持ち自社の販売ルートに乗せるというタイプです。どちらの場合も、最終的にどのくらいの価格で売れるのかということを考えて買取価格を決める基準を作ります。

中古車オークションにすぐに転売する場合、参考にするのはオークションの取引実績の価格です。オークションの価格は一般的に中古車販売店で売られている価格よりも低くなっていますので、ここを基準として利益や経費を差し引いた価格で買取りしていきます。一方自社販売ルートを持つ会社は、最終的に顧客に売る価格を基準に、車の整備コスト、保管コスト、自社の利益、費用などを差し引いた価格で買取りをします。すでにニーズがある車の場合には保管コストが減り買取価格が高くなるケースもあります。

どちらも売れる価格を基準にして、コストと利益を差し引いた価格で買い取るということには変わりはありませんが、買取価格には差が出てくることがあります。