自分の子供

自分が父親になるまでは正直に申し上げますと、私は子供少し苦手でした。実際は少し苦手どころかだいぶ苦手でした。なんといっても子供はところかまわず泣きますし、こちらの言う事は全く聞いてくれないので、自分が子供だったときがあるにもかかわらず、子供とはかなり周りに迷惑をかける存在だと思っていたのです。
しかし、これが不思議たことに自分の子供になると、話は別なのです。
仕事で無茶なことを言われて、残業を毎日のようにこなしても、家に帰って子供の寝顔を見ると私は癒されてしまうのです。私は家に帰って子供と遊びたいので、会社から早く帰れるように仕事を以前よりも能率的にこなすように心がけてはいるのですが、仕事の分量が多いのでなかなか定時に仕事を終え帰宅しすることはできませんが、それでもがんがって仕事を速く終わらせるようにしています。
私は帰宅すると、手洗いとうがいをしてからがすでに眠っている子供の顔を見るのが今一番お楽しみです。ここなら車買取相場がすぐにわかる